散骨という葬儀の方法

散骨とは、普通の埋葬と違い、樹木葬や宇宙葬などと並ぶ自然葬の一種です。
焼いたご遺骨をそれとはわからないようなパウダー状に粉砕して、陸、川、海などに撒くと言う葬送方法です。



これは一般に普通の方もできますが、それには色々と取り決めあります。散骨自体を禁止している市町村もありますので、故人のご遺志で散骨を行って欲しいと言われていた場合、その場所は確認が必要になります。



また、禁止されていないからといってどこにでも撒いていいと言うわけではありません。
陸や川である場合、その土地の所有者の許可が必要となりますし、さらに心理的負担を鑑みて、近所の方の同意が必要になります。
海ならよいかというとそれもまたある程度の規制があります。


漁業関係者の心理的負担や、風評被害が起きないようにと気を配らなければならないので、漁場に撒くのはまず無理ですし、港から見える場所も避けるべきです。
また、海上交通の航路になっている場所もいけませんので、実は自由なイメージのある散骨は規制が多い葬送方法なのです。


その為、一般個人で行うよりもその規制を良く知る散骨業者に御願いするのが安心です。



多く存在していますので、出来れば生前によく話し合って、費用や場所など詳細を決めておくと安心です。
ある程度お金はかかりますが、墓地墓石を購入するよりは随分と経済的負担も少なくて済みますし、業者に頼めば、証明書とともにどこに撒いたかわかるような海図も発行してくれます。