自分の死後、散骨してもらいたい場合の注意点とは?

古来からの風習では人の魂は自然の中で生まれ、そして死して自然へと還っていくという考え方があります。
これらはアジアなどで伝統的に続いているケースもありますが、欧米では故人の思い入れのある地に遺骨の一部を散骨して冥福を祈るなどの方法で弔う場面もよく見られます。

その流れは日本でも最近、特に顕著に見られるようになってきました。



その背景には高齢者が自らの人生の幕の閉じ方を子供達に任せることなく、一家の主としてすべて自分自身で計画しておきたいという責任感の表れと見る見方も多いようです。



その中で人気なのが墓地などへの埋葬ではなく、あえて散骨という選択肢を採る方法です。

自らの故郷であったり、思い入れのある地だったりと、事前に葬儀会社との間で入念な打ち合わせを行っておき、自分に死後には遺族やその葬儀会社が遺言に従って希望通りの場所に散骨して差し上げるという流れが一般的です。
中には散骨であればどんな場所だって構わないとして私有地や一般的な川や海などに勝手に散骨する人もいるようですが、これは法律的に罰せられる恐れもありますので絶対に行ってはいけません。



まずは葬儀会社がどこの場所ならば許可されやすいとするリストを保有していますので、それらのアドバイスを参考にしながら検討していくのがベストなやり方と言えるでしょう。
故人の最後の幕のおろし方は人それぞれですが、決して遺族に迷惑をかけないようにきちんと取り計らうのも一つの礼儀です。

自分勝手に決めるのではなく、必ず葬儀会社や家族の意見などを参考にしながら決めていくのが筋と言えるでしょう。