散骨までの流れと手続き

category01

火葬後すぐに行う方、しばらく手元で供養してから行う方、お寺に預けてあった遺骨をひきとり行う方、大部分を散骨し僅かを残し手元で供養する方と方法は様々です。

ご自分にあった方法を選びましょう。まず遺骨を粉骨(粉状に砕く)しなければいけません。

遺骨のまま散骨すれば遺棄罪になることもあります。


ご自分で粉骨をするのが忍びないという方は、業者に依頼しましょう。

最近話題の散骨のマニアックな情報をお届けします。

手続きとしては、1.医師から死亡診断書をもらい、それを市役所に提出して死亡届をもらいます。

2.市役所に死亡届を提出すると、火葬埋葬許可証がもらえます。

3.許可証を持って斎場に行き火葬にします(斎場はほとんどが予約制です)4.火葬した遺骨を一片が2mmいかになるまで粉骨します。

5.散骨したい場所へ行って行ないます。

それではどこで散骨を行いましょうか。

goo ニュースの優良サイトの情報を公開中です。

規制する法律はありませんので基本的には自由です。


しかし地権者や所有者がいる場所はその方の許可が必要です。

また、一部市町村では条例を設け、禁止している場所もありますから、事前に確認することが必要です。

海での場合も、船からでなくてはならないという規則はありません。

沿岸から行うことも可能です。しかし、あくまでも弔いですから、尾人的に、周囲に配慮して、ひっそりと行いましょう。
例えば、海水浴客が大勢いるところなどは遠慮すべきです。



最近増えているのが自宅の庭にという方たちです。


いつも家族と一緒にいられますから、故人も落ち着けるのでしょう。そこにお花畑でも作ってあげるのも素敵です。

儀式の重要知識

category02

時代の移り変わりとともに冠婚葬祭におけるセレモニ−の方法も多岐にわたるようになり、現在では埋葬の方法にもさまざまな選択ができるようになりました。「散骨」というのもその中のひとつです。...

subpage

儀式の基本知識

category02

古来からの風習では人の魂は自然の中で生まれ、そして死して自然へと還っていくという考え方があります。これらはアジアなどで伝統的に続いているケースもありますが、欧米では故人の思い入れのある地に遺骨の一部を散骨して冥福を祈るなどの方法で弔う場面もよく見られます。...

subpage

納得の事実

category03

散骨とは、普通の埋葬と違い、樹木葬や宇宙葬などと並ぶ自然葬の一種です。焼いたご遺骨をそれとはわからないようなパウダー状に粉砕して、陸、川、海などに撒くと言う葬送方法です。...

subpage

儀式関係の真実

category04

散骨とは、故人の遺志、あるいは喪主の意志でご遺骨をそれと分からないようにパウダー状に粉砕して、故人ゆかりの場所または、陸、川、海などに撒く葬送方法です。通常の埋葬と違い、樹木葬や宇宙葬などと並ぶ自然葬の一種です。...

subpage